HOME/建設ICT/普段使いのBIM・CIM

BIM・CIM

普段使いのBIM・CIM

BIM・CIMとは

BIM・CIMは、計画、調査、設計段階から3次元モデルを導入することにより、その後の施工、維持管理の各段階においても3次元モデルを連携・発展させて事業全体にわたる関係者間の情報共有を容易にし、一連の建設生産・管理システムの効率化・高度化を図ることを目的としています。 ミスや手戻りの大幅な減少、単純作業の軽減、工程短縮等の施工現場の安全性向上、事業効率及び経済効果に加え、副次的なものとしてよりよいインフラの整備・維持管理による国民生活の向上、建設業界に従事する人のモチベーションアップ、充実感等の心の豊かさの向上が期待されています。

CIMの概念

BIM・CIM導入による効果

  • ①情報の利活用(設計の可視化)
  • ②設計の最適化(整合性の確保)
  • ③施工の高度化(情報化施工)、判断の迅速化
  • ④維持管理の効率化、高度化
  • ⑤構造物情報の一元化、統合化
  • ⑥環境性能評価、構造解析等を目指す
BIM・CIM導入による効果

出典:国土交通省 第7回 CIM制度検討会資料

BIM・CIM活用事例

3次元モデリング

概要、プレゼンテーション・合意形成での活用、事例紹介

属性情報

概要、事例紹介

施工・交通シミュレーション

施工シミュレーション、交通シミュレーション各事例

VR・AR技術

VR体験型安全教育システム リアルハット、WebVR体験、 各事例紹介