HOME/建設ICT/i-Construction導入サポート

i-Construction

i-Construction導入サポート

i-Constructionの導入から実施まですべてサポート

業務効率化・品質向上を実現!
新時代の施工方法『i-Construction』

古城では建設業全体における業務効率化・品質向上を図るため、3次元マシンコントロールに代表されるi-Constructionをサポートしております。入札の前段階の技術提案、現場導入および工事成績点アップに向けたご提案のため、システム商品や各種機器の開発や販売・レンタル・メンテナンスなど様々なサービスを実施しております。

i-Constructionの導入から実施まですべてサポート

i-Construction(アイコンストラクション)とは

国土交通省の建設生産システム革命
2015年11月、国土交通省は建設現場の生産性向上を目的として、ICT技術を活用する取組、『i-Construction』を推進すると宣言しました。 2016年3月30日には「ICT技術の全面的な活用(土工)」の実施方針が表明され、現在の紙図面を前提とした基準類を変更し、3次元データによる15の新基準が2016年4月より導入されています。あわせてICT土工の活用に必要な経費を計上するための新たな積算基準も導入されています。

ICT技術の全面的な活用

KOJOHがご提供するICT技術

①ドローン/3次元計測器による測量
従来のレベル・トータルステーションを用いた起工測量を空中写真測量(ドローン)、レーザースキャナ等により短時間かつ高領域な測量を行います。

② 3次元測量データによる設計・施工計画
ドローン・3Dスキャナ等で観測したデータから3次元図面を作成、設計図面との差分から、施工量を自動算出することにより、計算作業などの事務作業を簡略化します。

③ ICT建設機械による施工
ガイダンス・自動制御装置の付いた建設機械による施工を行います。 これにより現場作業の効率化・安全性の向上を図ります。 またIoT※(Internet of Things)技術により、作業中に観測したデータを事務所とやりとりすることで帳票作成・設計データの入出力などを効率的に行います。 ※IoTとは…モノのインターネット化によりいつでもどこでもデータ交信が行える状態であることを指します。

④ 3次元出来形管理等の施工管理
工事成果物について、空中写真測量(ドローン)、レーザースキャナ、その他の3次元計測技術を用いて出来形管理を行う。また、TS・GNSSによる締固め回数管理技術を用いた品質管理を行う。

⑤ 3次元データの納品
ドローン・3Dスキャナの出来形観測データや、ICT建機の施工履歴より得られたデータより、3次元施工管理データを工事完成図書として納品します。

“i-Construction はじめの一歩”に最適!! 杭ナビ『LN-150』

土木・建築現場における測量作業の中で大きな比重を占める、杭打ち・墨出し作業を「誰でも簡単に1人で素早く」行うことをコンセプトとした杭ナビは、作業効率の大幅向上のみならず、手軽に3次元データを活用する事ができ、土木現場においてはi-Constructionの導入機として好評いただいています。

【主な特長】

■測定範囲を大幅に拡大

高低差のある現場にも対応できるよう、当社従来機に比べ仰俯角を170%も拡張しました。さらに測定距離も130%伸長しています。測定範囲の拡大は器械の移動回数の減少に繋がり、従来機よりも作業効率が向上しています。

■設置が簡単

自動整準機構を搭載しているので、電源を入れるだけの簡単設置。ネジ式の水平出し作業は必要ありません。また、既知点上だけでなく、任意の場所に器械を設置することができますので、設置場所や移動場所に悩まず、広い現場でも誰でも簡単に素早い作業を可能にします。

■スマートグラスでハンズフリー作業(オプション)

ウェアラブルシステム『杭ナビVision』に対応しています。スマートグラスの表示と音声コマンドで操作ができ、ハンズフリーで操作することが可能となります。プリズムを両手で支持することで、より素早く正確な作業が行えます。

■設置が簡単

自動整準機構を搭載しているので、電源を入れるだけの簡単設置。ネジ式の水平出し作業は必要ありません。また、既知点上だけでなく、任意の場所に器械を設置することができますので、設置場所や移動場所に悩まず、広い現場でも誰でも簡単に素早い作業を可能にします。

■ソフトメーカーの各種現場アプリケーションに対応

『TopLayout』以外にも、各社から提供されている様々な現場作業用のアプリケーションに対応しています。用途に合わせてアプリケーションをお選びいただけます。

■超高速レスポンスで素早く作業

毎秒20回測定データを更新するため、杭打ち・墨出し作業の際に、求めたい点までスムーズでストレスなく誘導します。

■スマートフォンで操作

操作はAndroid(TM)端末で行います。また、コントロールするソフトウェア『TopLayout』はGoogle Playから無料でダウンロードできます。

■遠隔サポートシステム『TSshield』搭載

お客様に毎日安心してお使いいただくため、IoTで測量機を遠隔サポートする『TSshield』システムを搭載しています。

FIELD-TERRACE(フィールドテラス)

現場での計測作業を、低コストで手軽に効率化。

FIELD-TERRACE(フィールドテラス)は、各種測器と連動し、測設、丁張設置などの現場の位置出し作業を効率化します。
シンプルな機能と操作性で簡単に利用でき、土木施工現場で必要な計算機能を多数搭載。【EX-TREND武蔵】とのデータ連携により、“図面”と“現場”をよりリンクさせた業務支援を実現します。FIELD-TERRACEの詳しい機能はこちら

快測ナビ

革新的なスマート施工を実現する「ICT施工現場端末アプリ」

快測ナビは、TOPCON製LN-150/LN-100(杭ナビ)などの各測量機器と連動し、従来は複数名で行っていた現場での位置出しや丁張設置、施工段階のチェックなどの作業を「ワンマン」で行うことができるICT施工現場端末アプリです。
3D施工データを活用し「明日の計算が要らない」革新的なスマート施工を実現します。
若手技術者から熟年技術者まで建設現場での計測作業に欠かせないアプリケーションです。快測ナビの詳しい機能はこちら